利用規約

宝塚友の会ネットサービス利用規約はこちら  |  宝塚歌劇オンラインチケット利用規約はこちら



宝塚友の会ネットサービス 利用規約

第1条:(本規約の範囲および変更)

1.   本規約は、阪急電鉄株式会社(以下「阪急電鉄」という)が運営する宝塚友の会(以下「友の会」という)が定めたサービス(以下「友の会サービス」という)のうち、宝塚歌劇公式ホームページおよび宝塚歌劇公式携帯サイト「モバイルタカラヅカ」の友の会サイトで提供する友の会ネットサービス(以下「本サービス」という)について定めたものです。

2.   本サービスは友の会会員が利用することを前提とします。そのため、友の会を退会した場合または友の会会員の資格を喪失した場合(友の会が、当該会員に会員資格喪失可能性があると判断した場合を含む)には、本サービスの利用登録が解除され、本サービスが利用できなくなります。

3.   本サービスは、株式会社イーティックスデータファームおよび株式会社インフォメーションクリエーティブ(以下、二社を合せて「システム提供者」という)が所有し運営するインターネットチケット販売システムを使用して、友の会により提供されます。このため、本サービスの利用登録が完了した友の会会員(以下「利用登録者」という)は、友の会が本サービスの提供に関する業務の全てまたは一部をシステム提供者に委託することおよび利用登録者の情報をシステム提供者に提供することを了承することとします。

4.   利用登録者は、本規約、「宝塚友の会規約集」および「宝塚友の会ガイドブック」記載の事項並びにインターネット利用の一般的なマナーやモラルおよび技術的ルールを遵守する義務を負うものとします。

5.   友の会は、合理的な範囲内かつ合理的な方法により、事前予告および利用登録者の了承を得ることなく本規約を変更でき、利用登録者は予めこれを了承することとします。

第2条:(利用環境)

1.   本サービスの利用登録を希望する友の会会員(以下「利用登録希望者」という)および利用登録者は、自己の責任と負担において、本サービスの利用登録および本サービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウェア、電話利用契約およびインターネット接続契約等を準備し、文字(日本語表示)や電子メール等について適切な設定を準備するものとします。この条件にあてはまらない場合の動作結果やそれがもたらす諸影響に関して、友の会は一切責任を負いません。

2.   前項の条件を満たしていても、利用登録希望者または利用登録者のOS、ソフトウェア、LAN環境等の諸事情によって、利用登録の手続または本サービスが正しく作動しない場合も、それがもたらす諸影響に関して、友の会は一切責任を負いません。

3.   本サービスの利用登録および本サービスの利用に関わる一切の通信料、接続料等は、利用登録希望者および利用登録者が負担するものとします。

第3条:(利用登録の完了)

1.   本サービスは、利用登録希望者が利用登録を完了した場合にのみ利用することができます。

2.   利用登録希望者が本規約を了承した上で、本人自身で所定の手続に従い利用登録の申込みを行い、本サービスの利用に必要なID(電子メールアドレス)およびパスワードを確定させ、友の会が当該利用登録の申込みを了承した時点をもって、利用登録が完了したものとします。

3.   利用登録希望者が以下の項目に該当する場合、友の会は当該利用登録の申込みを了承しない場合があります。

(1) 利用登録希望者が、友の会サービスの利用停止状態となっている場合。

(2) 利用登録希望者が、既に本サービスの利用登録を行っている場合。

(3) 利用登録希望者が、過去において、本規約違反等により利用登録資格を喪失したことがある場合。

(4) 利用登録内容に虚偽、誤記または記入漏れがあった場合。

(5) その他、合理的な事由により、友の会が利用登録希望者の利用登録の申込みを了承することが不適当と判断する場合。

第4条:(案内通知)

1.    友の会から利用登録者への本サービスに関する案内は、電子メール、宝塚歌劇公式ホームページ上の掲示その他の友の会が適当と認める方法により通知されるものとします。

2.    前項の通知が電子メールで行われる場合は、利用登録者が予め届け出たID(電子メールアドレス)宛に友の会が発信した時点をもって利用登録者への案内通知が完了したものとみなします。

第5条:(利用登録内容の変更)

1.    利用登録者は、利用登録の申込みにおいて届け出た内容に変更があった場合には、速やかに所定の方法により当該変更の届出を友の会に対して行うものとします。

2.    利用登録者は、前項の届出を怠ったことにより、友の会から利用登録者への本サービスに関する案内の通知または送付物が未着となっても、通常到達すべきときに到達したとみなされることを了承することとします。

3.    第1項の届出を怠ったことによる利用登録者の損害について、友の会は一切の責任を負いません。また、利用登録者は第1項の届出を怠ったことにより、友の会あるいは第三者が被った損害について、全ての責任を負うものとします。

第6条:(本サービスの利用期間)

1. 本サービスは、第14条の一に抵触した場合を除き、利用登録を完了した時点から友の会の退会手続が完了した時点または友の会会員の資格を喪失した(友の会が、当該会員に会員資格喪失可能性があると判断した場合を含む。)時点まで、利用できるものとします。

2. 利用登録者は、友の会会員である間、自ら利用登録を削除することはできません。

第7条:(チケット会員先行販売の購入契約の成立)

1.    利用登録者は、所定の手続きに従ってチケット会員先行販売の購入申込みをするものとします。

2.    チケット会員先行販売は、「抽選方式」および「先着順方式」によるものとし、その詳細ならびに運用は「宝塚友の会ガイドブック」または本サービスにて定めるものとします。なお、チケットの手配が出来た場合でも、条件の良いお席を確約するものではありません。

3.    「抽選方式」によるチケットの購入契約は、申込手続完了と同時に成立するものとします。但し、やむを得ず申込受付分全てのチケットを手配できない場合は、友の会が抽選によって当選利用登録者を決定した時点で、友の会と当選した利用登録者との間に限り、購入契約が成立するものとします。

4.    「先着順方式」によるチケットの購入契約は、申込手続完了と同時に成立するものとします。なお、申込手続完了の時点とは、本サービスの購入画面にてこれを通知した時点とします。

5.   「抽選方式」および「先着順方式」では購入契約成立後、購入完了通知メールを利用登録の際に届け出たID(電子メールアドレス)宛に送信します。但し、ID(電子メールアドレス)の登録情報の誤り、判読不可能な文字化け現象など届出内容に何らかの不具合が生じていたことにより、購入完了通知メールが未達・誤達・遅滞等となり、利用登録者が購入確認をできなかった場合でも友の会は一切責任を負いません。

第8条:(会員先行販売チケットの変更・取消・クーリングオフ)

前条に定める購入契約が成立したチケットは、理由の如何を問わず、変更・取消はお受けできません。尚、本サービスで取り扱うチケットについては、クーリングオフは適用されません。

第9条:(チケットの発券方法および入場方法)

1.    利用登録者は、チケット会員先行販売の購入申込時に、チケットの発券方法について(1)ご自宅等のプリンタによるプリントアウト(以下「PRINT@HOME」という。)、(2)友の会が指定する場所に設置する自動発券機による発券(以下「自動発券機」という)のいずれかから選択できるものとします。但し、PRINT@HOME、自動発券機に対応していない一部の会場の公演のチケットを購入された場合またはPRINT@HOMEおよび自動発券機に何らかの支障が発生した場合は、利用登録者は発券方法を選択できず、友の会は、ご登録住所にチケットを配送することができるものとします。

2.    利用登録者は、本サービスを利用して購入したチケットにより入場できる宝塚大劇場、東京宝塚劇場およびその他の会場の入り口において、PRINT@HOMEではプリントアウトしたチケットに表示されたバーコードを専用スキャナで読み取ることにより、自動発券機では発券したチケットの半券を切り取ることにより入場できるものとします。但し、PRINT@HOMEの専用スキャナまたは自動発券機に何らかの支障が生じた場合には、興行主催者の指示に従い、入場の手続きを行うものとします。

第10条:(PRINT@HOMEのチケット管理責任)

1.    利用登録者は、PRINT@HOMEを利用した場合は、自己の責任においてチケットを再プリントアウトおよびコピーすることができます。但し、利用登録者がPRINT@HOMEで発券したチケットと同一のバーコードが表示されたチケットを所持した第三者が会場に来場した場合、会場入り口において最初に専用スキャナで読み込まれたチケットを所持していた者のみ入場できるものとします。

2.    利用登録者はPRINT@HOMEで発券したチケット(再プリントアウトまたはコピーしたチケットを含む)を自己の責任において管理するものとします。友の会およびシステム提供者は、前項の場合を含め、再プリントアウトまたはコピーされたチケットが使用されたことにより発生した紛争、トラブル、損害等に対して一切の責任を負いません。

第11条:(利用登録者情報の取扱い)

1. 利用登録者は、個人情報を含む利用登録者情報について、友の会およびシステム提供者が業務を委託する第三者に対し委託に必要な範囲でこれを開示すること、および業務委託先が受託業務の遂行のために必要な範囲でこれを利用することに同意するものとします。この場合、友の会およびシステム提供者は業務委託先に対し、他の第三者に個人情報を開示・漏洩しないこと、受託業務の遂行目的以外で個人情報を使用しないことを契約により義務づけるものとします。

2. 利用登録者は、友の会またはシステム提供者が利用登録者の本サービスについての利用状況を把握するためにクッキーを使用することについて同意するものとします。

3. 利用登録者は、友の会またはシステム提供者が利用登録者に関する問題解決や利用登録者の確認に必要な場合に利用登録者のIPアドレスを使用することについて同意するものとします。

4. 友の会は、利用登録者情報に関して、以下の項目ならびに本条第5項および第6項に該当する場合を除き、第三者に対して正当な理由なく開示しないものとします。

(1) 利用登録者が、氏名、住所、電話番号、性別、年齢、電子メールのアドレス等個人情報の開示について同意している場合。

(2) 友の会が、本サービスの利用動向を把握する目的で収集した統計情報を、利用登録者の特定ができない形式に加工して開示する場合。

(3) 本サービスにより購入したチケットを用いて会場に入場する際の本人確認のため、阪急電鉄以外の興行主催者(以下「第三主催者」という。)および会場の管理者に利用登録者の個人情報の全部または一部(利用登録者の氏名、住所、電話番号、電子メールアドレス等)を提供する場合。

(4) 本サービスにてチケットを購入した利用登録者に対して、第三主催者が、公演中止・延期・内容変更等の連絡や、それに伴う払戻し業務を行うために、第三主催者に利用登録者の個人情報の全部または一部(氏名、住所、電話番号、電子メールのアドレス等)を提供する場合。

(5)法令または公的機関もしくはこれに準じる機関により、開示が求められた場合。

(6) 犯罪捜査のために警察等の公的機関から開示が求められた場合。

5. 利用登録者は、友の会が、その個人情報およびその個人固有の情報(嗜好情報等も含む)その他の利用登録者情報を利用して、電子メールその他の手段により友の会のサービスに関する情報の案内を行うこと、利用登録者のチケット購入データ等を用いて友の会のステイタスポイントの加算およびステイタスランクの更新を行うこと、および友の会が適切と判断した第三者の商品・サービス等の案内を友の会が行なうことを了承することとします。

6. 利用登録者は、本サービスにおいてシステムトラブルが発生した場合には、その個人情報その他の利用登録者情報を利用して、友の会の了承のもと、システム提供者が利用登録者に直接連絡することがあることを了承することとします。

第12条:(ID(電子メールアドレス)およびパスワードの管理)

1.    利用登録者が本サービスを利用するには、利用登録者自身が定めたID(電子メールアドレス)およびパスワードが必要となり、利用登録者は自らそれらの管理責任を負うものとします。

2.    友の会は、利用登録者が入力したID(電子メールアドレス)およびパスワードが登録されたものと一致することを確認した時点をもって、当該利用が利用登録者本人による利用であるとみなします。

3.    利用登録者は、理由の如何を問わず、ID(電子メールアドレス)およびパスワードを第三者に使用させてはならないものとします。

4.    ID(電子メールアドレス)およびパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任は、利用登録者が負うものとし、友の会は一切の責任を負いません。

5.   利用登録者は、ID(電子メールアドレス)およびパスワードが盗まれたり第三者に使用されていることまたはその可能性があることを知った場合には、直ちに友の会にその旨を連絡するとともに、友の会からの指示がある場合には、これに従うものとします。

6.    友の会会員は、本サービスのID(電子メールアドレス)およびパスワードにて「宝塚歌劇オンラインチケット」を利用することができます。この場合、別途「宝塚歌劇オンラインチケット利用規約」等に従うものとします。

第13条:(著作権)

利用登録者は、本サービスを通じて提供される情報またはファイルについて、いかなる方法によっても、権利者の許諾を得ずには使用することはできないものとします。但し、著作権法で定める利用登録者個人の私的利用の範囲を越えない場合はこの限りではありません。

第14条:(禁止事項)

1.    利用登録者は、本サービスの利用にあたって、以下の行為を行ってはならないものとします。本規約に違反した場合または以下の禁止行為を行うなど友の会が利用登録者として不適切と判断した場合、何ら通知することなく本サービスの利用停止、利用登録資格の取り消しまたは友の会会員資格の取消しを行うことができるものとします。

(1) 転売・譲渡等を目的に、本サービスを利用する行為。

(2) チケットの転売行為。

(3) 本サービスの他の利用登録者、第三者、友の会またはシステム提供者の著作権その他の財産権、名誉、プライバシー、ノウハウもしくはその他の権利を侵害する行為またはそのおそれのある行為。

(4) 前号の他、他の利用登録者、第三者、友の会またはシステム提供者に不利益もしくは損害を与える行為または与えるおそれのある行為。

(5) 他の利用登録者、第三者、友の会またはシステム提供者を誹謗中傷する行為。

(6) 手段の如何を問わず、本サービスの運営を妨害する行為。

(7) 公序良俗に反する行為もしくはそのおそれのある行為または公序良俗に反する情報を他の利用登録者または第三者に提供する行為。

(8) 犯罪的行為もしくは犯罪的行為に結び付く行為またはそのおそれのある行為。

(9) 選挙期間中であるか否かを問わず、選挙運動またはこれに類する行為。

(10) 性風俗、宗教、政治に関する活動を行なう行為。

(11) 友の会およびシステム提供者の了承なく、本サービスを通じてまたは本サービスに関連して、営利を目的とする行為またはその準備を目的とした行為。

(12) ID(電子メールアドレス)またはパスワードを不正に使用する行為。

(13) コンピュータウィルス等の有害なプログラムを、本サービスを通じてまたは本サービスに関連して、使用し、もしくは提供する行為。

(14) 利用登録において虚偽の内容を申告する行為。

(15) 一個人が、故意に第三者の情報を用いるなどして多重に利用登録する行為。

(16) 本サービスを利用して購入したチケットを改ざん、偽造する行為。

(17) 友の会関連料金の債務の履行を怠る行為。

(18) 「宝塚友の会規約集」に違反する行為。

(19) 法令に違反する、または違反するおそれのある行為。

(20) その他、友の会が不適切と判断する行為。

2.    利用登録者が前項に該当する場合、当該利用登録者は友の会あるいは第三者が被った損害を賠償する責めを負うものとします。

第15条:(免責事項)

1.    友の会およびシステム提供者は以下の事項に該当する場合、事前予告および利用登録者の了承を必要とすることなく、本サービスを変更、停止、遅滞、廃止できるものとします。

(1)   本サービスのシステム保守を定期的にまたは緊急に行う場合。

(2)   戦争、暴動、騒乱、労働争議、地震、噴火、洪水、津波、火災、停電その他の非常事態により、本サービスの提供が通常どおりできなくなった場合。

(3)   通信事業者のサービスの変更、停止、遅滞、廃止等があった場合。

(4)   その他本サービスの継続が困難な事象が生じ、またはそのおそれが生じた場合。

2.    友の会およびシステム提供者は、本サービスの各種情報の提供、変更、停止、遅滞、廃止その他本サービスに関連して発生した利用登録者または第三者の損害について、友の会およびシステム提供者の故意または重過失により発生した場合を除き、一切の責任を負わないものとします。また、本サービスのご利用は、全て利用登録者の責任において行われるものとし、未成年者による本サービスのご利用は、親権者など保護者の同意と責任において行われるものとします。

3.    友の会およびシステム提供者は、本サービス内容および本サービスにて提供する電子メールを含む情報やサービス等に関して、その安全性、正確性、確実性、有用性、最新性、合法性、道徳性等のいかなる保証も行うものではありません。

4.    友の会およびシステム提供者は、本サービスからリンクされている各サイトに含まれている情報およびサービス等について一切の責任を負わないものとします。

5.    友の会およびシステム提供者は、本サービスにより販売されるチケット等の販売数量が利用登録者の全ての購入希望を満たすことを保証するものではありません。

第16条:(管轄裁判所)

1.    本サービスに関連して、利用登録希望者または利用登録者と友の会との間で紛争が生じた場合には、当事者間において誠意をもって解決するものとします。

2.    協議をしても解決しない場合、大阪地方裁判所または大阪簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第17条:(その他)

本規約に定めのない事項については、「宝塚友の会ガイドブック」で定める方法その他友の会が定める方法により本サービスが提供されることについて、利用登録者は了承することとします。

付則:本規約は、日本標準時 2016年5月1日(午前10時)より実施するものとします。


以上





宝塚歌劇オンラインチケット 利用規約

第1条:(本規約の範囲および変更)

1.   本規約は、阪急電鉄株式会社(以下「阪急電鉄」という)が運営する宝塚歌劇公式ホームページおよび宝塚歌劇公式携帯サイト「モバイルタカラヅカ」で提供する宝塚歌劇オンラインチケットに関するサービス(以下「本サービス」という)について定めたものです。

2.   本サービスは、株式会社イーティックスデータファームおよび株式会社インフォメーションクリエーティブ(以下、二者を合せて「システム提供者」という)が所有し運営するインターネットチケット販売システムを使用して、阪急電鉄により提供されます。このため、本サービスの利用登録が完了したお客様(以下「利用登録者」という)は、阪急電鉄が本サービスの提供のために、これに関する業務の全てまたは一部をシステム提供者に委託することおよび利用登録者の情報をシステム提供者に提供することを了承することとします。

3.   利用登録者は、本規約ならびにインターネット利用の一般的なマナーやモラルおよび技術的ルールを誠実に遵守する義務を負うものとします。

4.   阪急電鉄は、合理的な範囲内かつ合理的な方法により、事前予告および利用登録者の了承を得ることなく本規約を変更でき、利用登録者は予めこれを了承することとします。

5.   利用登録者が、阪急電鉄が運営する宝塚友の会(以下「友の会」という)の会員であった場合は、本規約に定めるもののほか、別途友の会が定める規約等に従うものとします。

第2条:(利用環境)

1.   本サービスの利用登録を希望するお客様(以下「利用登録希望者」という)および利用登録者は、自己の責任と負担において、本サービスの利用登録および本サービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウェア、インターネット接続契約等を準備し、文字(日本語表示)や電子メール等について適切な設定を準備するものとします。 この条件にあてはまらない場合の動作結果やそれがもたらす諸影響に関して、阪急電鉄およびシステム提供者は一切責任を負いません。

2.   前項の条件を満たしていても、利用登録希望者または利用登録者のOS、ソフトウェア、LAN環境等の諸事情によって、利用登録の手続または本サービスが正しく作動しない場合も、それがもたらす諸影響に関して、阪急電鉄およびシステム提供者は一切責任を負いません。

3.   本サービスの利用登録および本サービスの利用に関わる一切の通信料、接続料等は、利用登録希望者および利用登録者が負担するものとします。

第3条:(利用登録の完了)

1.   本サービスは、利用登録希望者が利用登録を完了した場合にのみ利用することができます。

2.   利用登録希望者が本規約を了承した上で、本人自身で所定の手続に従い利用登録の申込を行い、本サービスの利用に必要なID(電子メールアドレス)およびパスワードを確定させ、阪急電鉄が当該利用登録の申込みを了承した時点をもって、利用登録が完了したものとします。

3.   利用登録希望者が以下の項目に該当する場合、阪急電鉄は当該利用登録の申込みを了承しない場合があります。

(1) 利用登録希望者が、既に本サービスの利用登録を行っている場合。

(2) 利用登録者が、利用登録希望者を装いID(電子メールアドレス)を変更し多重に利用登録を行っている場合。

(3) 利用登録希望者が、過去において、本規約違反等により利用登録資格を喪失したことがある場合。

(4) 利用登録内容に虚偽、誤記または記入漏れがあった場合。

(5) その他、合理的な事由により、阪急電鉄が利用登録希望者の利用登録の申込みを了承することが不適当と判断する場合。

第4条:(案内通知)

1.   阪急電鉄から利用登録者への本サービスに関する案内は、電子メール、宝塚歌劇公式ホームページ上の掲示その他の阪急電鉄が適当と認める方法により通知されるものとします。

2.   前項の利用登録者への通知は、宝塚歌劇公式ホームページ上に掲示された時点、または利用登録者が予め届け出たID(電子メールアドレス)宛に阪急電鉄が電子メールを発信した時点をもって完了したものとみなします。

第5条:(利用登録内容の変更)

1.   利用登録者は、利用登録の申込みにおいて届け出た内容に変更があった場合には、速やかに所定の方法により当該変更の届出を阪急電鉄に対して行うものとします。

2.   利用登録者は、前項の届出を怠ったことにより、阪急電鉄から利用登録者への本サービスに関する案内の通知または送付物が未着となっても、通常到達すべきときに到達したとみなされることを了承することとします。

3.   第1項の届出を怠ったことによる利用登録者の損害について、阪急電鉄は一切の責任を負いません。また、利用登録者は第1項の届出を怠ったことにより、阪急電鉄あるいは第三者が被った損害について、全ての責任を負うものとします。

第6条:(本サービスの利用期間)

本サービスは、第15条の一に抵触した場合を除き、利用登録希望者が利用登録を完了した時点から利用できるものとします。また、利用登録者が友の会会員であった場合は、友の会退会手続が完了した時点または友の会会員の資格を喪失した(友の会が、当該会員に会員資格喪失可能性があると判断した場合を含む。)時点まで、利用できるものとします。

第7条:(チケット購入契約の成立)

1.    利用登録者は、宝塚歌劇オンラインチケット先行販売および一般前売りの購入申込みができるものとします。

2.    宝塚歌劇オンラインチケットによるチケットの購入契約は、チケットの申込手続の完了した時点をもって成立するものとします。なお、申込手続の完了した時点とは、本サービスの購入画面にてこれを通知した時とします。

3.    宝塚歌劇オンラインチケットでの購入契約成立後、購入完了通知メールを利用登録の際に届け出たID(電子メールアドレス)宛に送信します。但し、ID(電子メールアドレス)の登録情報の誤り、判読不可能な文字化け現象など届出内容に何らかの不具合が生じていたことにより、購入完了通知メールが未達・誤達・遅達等となり、利用登録者が購入確認をできなかった場合でも阪急電鉄は一切責任を負いません。

4.   宝塚歌劇オンラインチケットにて取扱い中のチケットは、販売期間中であっても販売予定枚数に達した時点で個々の公演毎に販売を終了いたします。但し、追加座席、追加公演があった場合は販売を再開することがあります。

第8条:(チケットの変更・取消・クーリングオフ)

前条に定める購入契約が成立したチケットは、理由の如何を問わず、変更・取消はお受けできません。尚、本サービスで取り扱うチケットについては、クーリングオフは適用されません。

第9条:(チケット代金の支払い)

1.   利用登録者が、本サービスをご利用の上、チケットを購入した場合、チケット代金の他、支払いに関わる手数料やチケット引取りに関わる手数料等(以下「チケット代金等」という)を次項の方法により支払うものとします。

2.    利用登録者は、支払い方法について阪急電鉄が購入申込時に指定する決済手段の中から選択するものとします。クレジットカード決済を選択した場合は、購入契約成立時に即時決済となり、日本国内のコンビニエンスストア「セブン‐イレブン」の店舗(以下「セブン-イレブン」という。)での決済(以下「セブン-イレブン決済」という)を選択した場合は、阪急電鉄が定める期日までに当該料金を指定場所にてお支払いただきます。支払い方法の変更は一切できません。

3.    購入契約の成立後にも関わらずチケット代金等の支払が確認できない場合は、阪急電鉄が定める入金締切期日の経過をもって、阪急電鉄は契約を解除することができ、該当の利用登録者による以降のサービスの利用をお断りすることがあります。

4.    阪急電鉄は、阪急電鉄が適当と判断する方法にて利用登録者に事前に通知または周知することにより、チケット代金等の追加・変更および支払方法を変更できるものとします。

第10条:(チケットの発券方法および入場方法)

1.    利用登録者は、チケットの購入申込時に、チケットの発券方法について(1)ご自宅等のプリンタによるプリントアウト(以下「PRINT@HOME」という)、(2)阪急電鉄が指定する場所に設置する自動発券機による発券(以下「自動発券機」という)、(3)セブン-イレブンでの発券(以下「セブン‐イレブン発券」という)のいずれかから選択できるものとします。但し、PRINT@HOME、自動発券機および セブン‐イレブン発券に何らかの支障が発生した場合、利用登録者は発券方法を選択できず、阪急電鉄は、ご登録住所にチケットを配送することができるものとします。

2.    利用登録者は、本サービスを利用して購入したチケットにより入場できる宝塚大劇場、東京宝塚劇場およびその他の会場の入り口において、(1)PRINT@HOMEではプリントアウトしたチケットに表示されたバーコードを専用スキャナで読み取ることにより、(2)自動発券機およびセブン‐イレブン発券では発券したチケットの半券を切り取ることにより入場できるものとします。但し、PRINT@HOMEの専用スキャナまたは自動発券機に何らかの支障が生じた場合には、興行主催者の指示に従い、入場の手続きを行うものとします。

第11条:(PRINT@HOMEのチケット管理責任)

1.    利用登録者は、PRINT@HOMEを利用した場合は、自己の責任においてチケットを再プリントアウトおよびコピーすることができます。但し、利用登録者がPRINT@HOMEで発券したチケットと同一のバーコードが表示されたチケットを所持した第三者が会場に来場した場合、会場入り口において最初に専用スキャナで読み込まれたチケットを所持していた者のみ入場できるものとします。

2.    利用登録者はPRINT@HOMEで発券したチケット(再プリントアウトまたはコピーしたチケットを含む)を自己の責任において管理するものとします。阪急電鉄およびシステム提供者は、前項の場合を含め、再プリントアウトまたはコピーされたチケットが使用されたことにより発生した紛争、トラブル、損害等に対して一切の責任を負いません。

第12条:(利用登録者情報の取扱い)

1. 利用登録者は、個人情報を含む利用登録者情報について、阪急電鉄およびシステム提供者が業務を委託する第三者に対し、委託に必要な範囲でこれを開示すること、および業務委託先が受託業務の遂行のために必要な範囲でこれを利用することに同意するものとします。この場合、阪急電鉄およびシステム提供者は業務委託先に対し、他の第三者に個人情報を開示・漏洩しないこと、受託業務の遂行目的以外で個人情報を使用しないことを契約により義務づけるものします。

2. 利用登録者は、阪急電鉄またはシステム提供者が利用登録者の本サービスについての利用状況を把握するためにクッキーを使用することについて同意するものとします。

3. 利用登録者は、阪急電鉄またはシステム提供者が利用登録者に関する問題解決や利用登録者の確認に必要な場合、利用登録者のIPアドレスを使用することについて同意するものとします。

4. 阪急電鉄は、利用登録者情報に関して、以下の項目ならびに本条第5項および第6項に該当する場合を除き、第三者に対して正当な理由なく開示しないものとします。

(1) 利用登録者が、氏名、住所、電話番号、性別、年齢、電子メールのアドレス等個人情報の開示について同意している場合。

(2) 阪急電鉄が、本サービスの利用動向を把握する目的で収集した統計情報を、利用登録者の特定ができない形式に加工して開示する場合。

(3) 本サービスにより購入したチケットを用いて会場に入場する際の本人確認のため、阪急電鉄以外の興行主催者(以下「第三主催者」という)および会場の管理者に利用登録者の個人情報の全部または一部(利用登録者の氏名、住所、電話番号、電子メールアドレス等)を提供する場合。

(4) 本サービスにてチケットを購入した利用登録者に対して、第三主催者が、公演中止・延期・内容変更等の連絡や、それに伴う払い戻し業務を行うために、第三主催者に利用登録者の個人情報の全部または一部(氏名、住所、電話番号、電子メールのアドレス等)を提供する場合。

(5) 法令または公的機関もしくはこれに準じる機関により、開示が求められた場合。

(6) 犯罪捜査のために警察等の公的機関から開示が求められた場合。

5. 利用登録者は、阪急電鉄が、その個人情報およびその個人固有の情報(嗜好情報等も含む)その他の利用登録者情報を利用して、電子メールその他の手段により本サービスに関する情報の案内を行うことおよび阪急電鉄が適切と判断した第三者の商品・サービス等の案内を阪急電鉄が行なうことを了承することとします。 利用登録者が友の会会員である場合、阪急電鉄または友の会が、上記利用登録者情報およびチケット購入データ等を用いて友の会ステイタスポイントの加算およびステイタスランクの更新に使用する可能性があることを了承することとします。

6. 利用登録者は、本サービスにおいてシステムトラブルが発生した場合には、その個人情報その他の利用登録者情報を利用して、阪急電鉄の了承のもと、システム提供者が利用登録者に直接連絡することがあることを了承することとします。

第13条:(ID(電子メールアドレス)およびパスワードの管理)

1.   利用登録者が本サービスを利用するには、利用登録者自身が定めたID(電子メールアドレス)およびパスワードが必要となり、利用登録者は自らそれらの管理責任を負うものとします。

2.   阪急電鉄は、利用登録者が入力したID(電子メールアドレス)およびパスワードが登録されたものと一致することを確認した時点をもって、当該利用が利用登録者本人による利用であるとみなします。

3.   利用登録者は、理由の如何を問わず、ID(電子メールアドレス)およびパスワードを第三者に使用させてはならないものとします。

4.   ID(電子メールアドレス)およびパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任は、利用登録者が負うものとし、阪急電鉄は一切の責任を負いません。

5.   利用登録者は、ID(電子メールアドレス)およびパスワードが盗まれたり第三者に使用されていることまたはその可能性があることを知った場合には、直ちに阪急電鉄にその旨を連絡するとともに、阪急電鉄からの指示がある場合には、これに従うものとします。

第14条:(著作権)

利用登録者は、本サービスを通じて提供される情報またはファイルについて、いかなる方法によっても、権利者の許諾を得ずには使用することはできないものとします。但し、著作権法で定める利用登録者個人の私的利用の範囲を超えない場合はこの限りではありません。

第15条:(禁止事項)

1.   利用登録者は、本サービスの利用にあたって、以下の行為を行ってはならないものとします。本規約に違反した場合または以下の禁止行為を行うなど阪急電鉄が利用登録者として不適切と判断した場合、何ら通知することなく本サービスの利用停止あるいは利用登録資格の取り消しを行うことができるものとします。

(1) 転売・譲渡等を目的に、本サービスを利用する行為。

(2) チケットの転売行為。

(3) 本サービスの他の利用登録者、第三者、阪急電鉄またはシステム提供者の著作権その他の財産権、名誉、プライバシー、ノウハウもしくはその他の権利を侵害する行為またはそのおそれのある行為。

(4) 前号の他、他の利用登録者、第三者、阪急電鉄またはシステム提供者に不利益もしくは損害を与える行為または与えるおそれのある行為。

(5) 他の利用登録者、第三者、阪急電鉄またはシステム提供者を誹謗中傷する行為。

(6) 手段の如何を問わず、本サービスの運営を妨害する行為。

(7) 公序良俗に反する行為もしくはそのおそれのある行為または公序良俗に反する情報を他の利用登録者または第三者に提供する行為。

(8) 犯罪的行為もしくは犯罪的行為に結び付く行為またはそのおそれのある行為。

(9) 選挙期間中であるか否かを問わず、選挙運動またはこれに類する行為。

(10) 性風俗、宗教、政治に関する活動を行なう行為。

(11) 阪急電鉄およびシステム提供者の了承なく、本サービスを通じてまたは本サービスに関連して、営利を目的とする行為またはその準備を目的とした行為。

(12) ID(電子メールアドレス)またはパスワードを不正に使用する行為。

(13) コンピュータウィルス等の有害なプログラムを、本サービスを通じてまたは本サービスに関連して、使用し、もしくは提供する行為。

(14) 利用登録において虚偽の内容を申告する行為。

(15) 一個人が、故意に第三者の情報を用いるなどして多重に利用登録する行為。

(16) 本サービスを利用して購入したチケットを改ざん、偽造する行為。

(17) 法令に違反する、または違反するおそれのある行為。

(18) その他、阪急電鉄が不適切と判断する行為。

2.    利用登録者が前項各号に該当する場合、当該利用登録者は阪急電鉄あるいは第三者が被った損害を賠償する責めを負うものとします。

第16条:(免責事項)

1.  阪急電鉄およびシステム提供者は以下の事項に該当する場合、事前予告および利用登録者の了承を必要とすることなく、本サービスを変更、停止、遅滞、廃止できるものとします。

(1)  本サービスのシステム保守を定期的にまたは緊急に行う場合。

(2)  戦争、暴動、騒乱、労働争議、地震、噴火、洪水、津波、火災、停電その他の非常事態により、本サービスの提供が通常どおりできなくなった場合。

(3)  通信事業者のサービスの変更、停止、遅滞、廃止等があった場合。

(4)  その他本サービスの継続が困難な事象が生じ、またはそのおそれが生じた場合。

2.   阪急電鉄およびシステム提供者は、本サービスの各種情報の提供、変更、停止、遅滞、廃止その他本サービスに関連して発生した利用登録者または第三者の損害について、阪急電鉄およびシステム提供者の故意または重過失により発生した場合を除き、一切の責任を負わないものとします。また、本サービスのご利用は、全て利用登録者の責任において行われるものとし、未成年者による本サービスのご利用は、親権者など保護者の同意と責任において行われるものとします。

3.    阪急電鉄およびシステム提供者は本サービス内容および本サービスにて提供する電子メールを含む情報やサービス等に関して、その安全性、正確性、確実性、有用性、最新性、合法性、道徳性等のいかなる保証も行うものではありません。

4.    阪急電鉄およびシステム提供者は、本サービスからリンクされている各サイトに含まれている情報およびサービス等について一切の責任を負わないものとします。

第17条:(管轄裁判所)

1.   本サービスに関連して、利用登録希望者または利用登録者と阪急電鉄との間で紛争が生じた場合には、当事者間において誠意をもって解決するものとします。

2.   協議をしても解決しない場合、大阪地方裁判所または大阪簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。


付則:本規約は、日本標準時 2016年5月1日(午前10時)より実施するものとします。


以上



ウィンドウを閉じる